Happy Tree People

4年目OTになりました\(゜ロ\) 相変わらずテンパっています。今年の目標は自主学習の強化です!(2015年5月11日)

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

脳卒中リハの手技 

今日はフェルデンクライスメソッドの勉強会に
いってきました(^ω^)♪
勉強不足な私がいけないのですが、
フェルデンクライスとかボバースとかPNFとか
要は何が違うの??というのが気になったので
調べてみました(・∀・)!

※今回はネットで情報収集をしたため
情報の信憑性もろもろを気にされる方は御注意ください




ファシリテーションテクニック(神経筋促通法)

運動制御機構の乱れに対して種々の手技を用いて,
知覚と運動の相互反応を繰り返しつつ制御機構を再統合するもので,
その体系は諸説によりそれぞれかなり異なる。

●参考HP:コトバンク「ファシリテーション・テクニック」

ファシリテーション 

・ボバースアプローチ
ボバースアプローチとは、カレル・ボバース博士と
理学療法士のベルタ・ボバース夫人により開発された治療です。
脳や脊髄といった中枢神経系の可塑性を活用し、
中枢神経疾患をもつ方々の機能改善をめざす治療です。
●参考HP:
日本ボバース(Bobath)研究会

・PNF法
(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)
(固有受容性神経筋促通法
)

生体組織を動かすことにより人体に存在する感覚受容器を刺激し
神経・筋 などの働きを高め、身体機能を向上させる方法。 
脳血管障害や脳性麻痺などによる神経障害、筋力低下、
協調不全、関節可動域制限などの改善、
または日常生活に必要な運動機能を獲得、向上させるために、
熟練したセラピストによって、正しい刺激と操作を加え、正常な生体反応を引き出す治療法である。
さらに、全体の筋バランス、柔軟性、敏捷性、持久力、反応時間、運動能力の低下など
運動機能の改善と向上に応用できる。
●参考HP:
PNFとは~PNF・IPNFA・JPNFA 市川繁之~

・ブルンストローム法
大人片麻痺の治療に関する手法としてS.Brunnstromによって体系化されたもの。
回復初期には運動を誘発するために対側性連合反応を利用して、
収縮が出現し始めた時期には、抵抗を用いた補強法を行い、
屈筋と伸筋の共同運動がどの程度可能になった時期には、
両者の組み合わせの練習をすることで、正常人の運動パターンの確立を図ることである。

●参考HP:
NAVER 知識百科




・・・脳卒中ガイドライン2009ではその他の手技に
neurodevelopmental exercise(Davis)が書いてありますが
正直あまり聞いたことないので省略します(^_^;)スミマセン

逆によく聞くけどガイドラインに記載されてなかったものとしては
認知運動療法とかフェルデンクライスがあるかなーと。
定義からするとこれらもファシリテーションテクニックに入るような
気がします。
というわけで説明載せておきます!



・認知運動療法
認知運動療法は中枢神経系の可塑性と病的状況における
学習についての神経生理学・神経生物学の研究をその基礎としている。
このような概念に基づいて「認知的な運動訓練」が提言される。
患者にはこの方略独自の訓練器具との相互作用が要求され、
情報の探求と構築を介して、提示された課題に答えていかねばならない。
こうした相
互作用を作り出していくにあたっては、
セラピストおよび患者の言語や、運動表象(運動イメージ)の構築が重要な意味を持つ。

●参考HP:
認知神経リハビリテーション学会

フェルデンクライス・メソッド
身体に心地よい動き
(呼吸や声、目や口、腕や脚、背骨や骨盤などの部分的或いは全身の動き)を通し、
全身の骨格や筋肉がどのように連携して動いているのかを詳細に体験することで、
脳を活性化し、神経系を通してより自然で質の高い動きと機能を身につけていく

学習のためのレッスンです。
心地よい体の動きで活性化された脳は、
これまでの身体の無駄な動きや力の使い方に気づきながら、
如何にすれば余分な力を使わずに効率よく楽に動くかを学習します。
その結果、心と身体の双方にわたって無駄な緊張が解きほぐされ、
持てる能力を充分に発揮することが可能となります。 

●参考HP:日本フェルデンクライス協会 


今日のお勉強は以上です\(^o^)/
少しでも参考になりましたら幸いです。ではでは

category: お勉強

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyuuchan29.blog47.fc2.com/tb.php/213-241507b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。