Happy Tree People

4年目OTになりました\(゜ロ\) 相変わらずテンパっています。今年の目標は自主学習の強化です!(2015年5月11日)

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

第23回 日本作業行動学会学術集会 

 第23回 日本作業行動学会学術集会に行ってきました!

今日の記事は、個人的な意見をつらつら書いてみようかと思います。
なので「何言ってんだ」と感じることもあるかもしれませんが、
ご了承くださいm(_ _)m

今回の学会では

わが国の病院・施設・地域でOBPを
うまく実践するためにはどうしたら良いのか?


ということをテーマにシンポジウムがありました。

OTのアイデンティティとは何か?
ということで日々悩んでいますが
このシンポジウムを聞いて、
少し自分の中で整理がついたような気がしました。

OTに対するイメージは上肢・ADL・アクティビティなど様々ですが、
OT界ではOBP(Occupation Based Practice:作業に基づいた実践)
が注目されています。
しかし、現場では突然パラダイムシフトが起きるはずもなく
いろいろと悩むわけです。
OTは作業の専門家であって、身体機能はPTの専門分野だ!
クライエント中心の作業療法をやらなければ!
なんていう風潮もあります。


これは回復期作業療法をしている一個人の意見ですが、、、


作業は身体があってこそのものなので、
身体機能面を無視して作業は見れないと思っています。
作業機能障害を改善するために最も有効だと判断したアプローチ方法が
身体機能面からの介入だとすれば、
そこは作業療法士も進んで行っていくべきなのではないでしょうか。

また、OTはADLだけの専門家ではなく、
人の生活はADLだけで構成されている訳ではありません。
しかし、、、
「人間の作業とは家事や仕事などの仕事的活動、身辺処理活動、
レクリエーションやレジャー等の遊び的活動から成るもの」
と定義されており、ADLも人間の作業の一つです。
ADLへのアプローチだって「作業」をみているんです。
自分の作業療法の基軸が「作業」であることが大切だと考えています。

もちろん意味のある作業ができるようにすることや
クライエント中心の実践は望ましいと思います。
しかし、今後クライエント一人の力で生活していけるということは極稀れであり、
クライエントを取り巻く人からのニーズは非常に重要となります。
そのため、シンポジウムで述べられていた
「したい、する必要がある、することを期待されている作業の実現」
という言葉が私の中では一番しっくり来ました。

そもそも「作業」という言葉から連想するイメージは
現時点ではかなり個人差があると思います。
逆に「作業=日常生活のパターン」
と繋がる人の方が少ないくらいではないでしょうか?
そのため、作業に基づいた実践を行うためには、
ただ「作業に基づいた実践がやりたいんです!」と
他職種に押し付けるだけでは不十分だと前々から感じていました。
それについて、シンポジストの澤田先生は
「結果にこだわる」、「職員の一員として貢献すること」
が必要だと述べていました。(→詳しくは澤田先生のブログへ)
戦略的に作業にアプローチすることや職場に貢献していくことで、
地道に作業の有効性を周囲に証明していく必要がありますね。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
皆様からのご意見も聞かせて頂けたら嬉しいです(^^)

ちなみに3連休最終日には香川県に行って参りました♪
海が綺麗で癒されましたー(*^_^*)

IMG_8423.jpg

category: お勉強

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyuuchan29.blog47.fc2.com/tb.php/222-ad7945ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。